人脈構築前にやるべきたった一つの準備がある

前の記事、「人脈作り。ベンチャーはベンチャーにお金を落とすとうまく行く。」ともかぶるのですが、人脈を作るその準備の話をします。

人脈を構築する前にしておく準備は一つ。

専門知識を一つだけ、徹底的に追求して、持っておくこと。

逆にやるべきではないことの一つは、何でもかんでも自分でできるようにしないこと。

人間は相互補完の関係で成り立っていると言われています。

男女の関係もしかり。

たとえば、男性が料理も洗濯も家事もなんでもできる。もちろん人気が高いわけですが、更に仕事ができてバリバリ稼げる。更にこれが問題、性的欲求もない。

つまり女性の入る隙が全くない状態の男性。

どうなるでしょう?明白ですよね。

でも、ビジネスでこのような状態を作っている方が案外多いわけです。

できることを増やせば、たくさんのことを学べばなんとかなる!と・・・実は逆を行っているのかもしれません。

できることと、できないことを持っておくことで、上手く人間関係が組み合わさっていくわけですよね。

私の場合、一つの専門知識で勝負しつつ、別の領域に関しては教えて下さいという姿勢が関係を良くしてきました。

なんでもかんでも自分のほうが一枚上手であったら、自分自身が人と会うことにメリットを感じることができず、本来必要であったかもしれない人脈も逃していくのかもしれません。

浅く広くではなく、狭く深く、ビジネスに限らず、これこそが人脈構築の準備だと思っています。 

逆に言えば、そんなことも知らないの?と言われる領域を持つことは武器になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です