育児の隙間にお小遣いを稼ぐ2週間作戦

来週からうちの奥さんが入院します。

ということで、家事育児休業になるので半月間は休業、ただ、うちの会社は僕一人の株式会社なんですね。

子供3人いるもので、なかなかどうしてその2週間は仕事はできないだろうな…と覚悟を決めています。

仕事をしなければしないで会社から育児手当てが出るわけもなく、経営者なんだから当たり前、働かなければ働かない分、収入も減るのが経営者。

何か家で育児をしながら、1歳の娘が眠ったすきにできるような仕事はないものか?とググりまくっています。

そうしたら、出るわ出るわ、「ネットで稼ぐ」系のコンテンツが盛りだくさん。

ネットで稼ぐ系のコンテンツ

f:id:tsurugi0720:20160116141801j:plain

私はこれで数十万稼ぎました、累計数百万稼ぎましたとか、公開している。

胡散臭いのもある。アドセンスのレポート画面のキャプチャ画像を載せているので真実っぽいのもある。

そのほとんどがアフィリエイトで稼ぐというものかポイントサイトの資料請求などをして稼ぐ方法だった。

自宅で空き時間となるとやっぱりそれしかないですね…(落胆)

50円とかで記事を書きたくないし。CM見て2円とか時間の無駄だし。

アフィリエイト。仕事がらある程度、知ってる世界ではあるけれど、改めてあっちこっち目を通してみました。
こういう稼ぐ方法公開系のサイト。方法は書いてあるけども、その大前提となるサイトはどうするの?という部分が抜け落ちていることが多い。

アフィリエイトであれば、どんなサイトでもそうなるわけがない。

大事なことは1日4桁、5桁ヒットするようなサイトがなければ話にならない。それはどう作るのさ!?という部分が疑問である。

アドセンスを貼る位置なんてのは二の次、三の次どころか、10、20先の話だ。

そういう意味で、「お小遣いがほしいという人を集めるためのお小遣い集めサイト」なんですね。結局、これを見た人を稼がせることはできないでしょう。

という僕はウェブ制作者でもあるのでもちろん、アフィリエイトの実情もある程度は理解しています。そもそも1日それだけのアクセス数が集まれば稼げて当然なんですね。

だから、大事なことはこれなんです。

アクセスを集めるサイトの作り方

結局は、人気のあるコンテンツを集めて、それを読みやすくまとめて、デザインして、キャッチーなタイトルをつけて、SNSでつぶやいてサイトに誘導する。

多くの人にサイトに来てもらうためにはフォロワーが4桁くらいいないと効果はほとんどないと思われます。

ということでその前にやるべきことが更にあり↓

アフィリエイトの前にSNSアカウントを育てることが先決

スタート位置はここなんですね。万単位のフォロワーを集めるには万単位のフォロワーがいる人を見ればヒントがつかめる。

では純然たるフォロワーが万単位いる人の傾向を調べてみましょう。

  • 芸能人
  • 著者
  • ジャーナリスト
  • 新聞記者
  • 政治家
  • 無名の人の場合、何かしらのコンテンツクリエイターみたい(作品をくっつけてツイート。イラスト、マンガ、動画は少な目、写真 etc…)。

手に職もなく、著書もない場合は、地道なネタ作りと積極的な交流が必須か。

気が遠くなるプロセス。ただ、今はSEOもほぼイコールSNS対策と言われているので、ここをクリアしないと先はないのです。

だからこそ、「誰でもできる」はないです。コンテンツがなければ、140文字で感心させたり、爆笑させたりしないとならない。聞き役ではサイト誘導はできないですからね。

  • 知りたいと思わせる情報を伝える
  • 感心させる
  • 笑わせる

手に職なければこれがほしい。

でも、今は簡単に何かを作るソフトがそこら中にありますよね。

実はググれば、マンガも、イラストも、音楽も、テンプレートを調整するだけでできてしまうようなプロ泣かせのソフトが蔓延っているんだよ。

ということでアフィリエイトは2週間で成らず

そこで僕が考えたのは、この布石を打つこと。SNSのフォロワー増加計画。今、2000人以上はいますが、まだまだ少ない方だと思います。この2週間は「作品」作りです。映像、マンガ、音楽、いろいろありますが、やっぱりそういうコンテンツありきで存在感をアピールすることが大事なので、育児しながら作品作り。

これならできそうだ。

レベルが低ければSNSのネタ、レベルが高ければそのまま公開したり、販売したり。
レベルが中くらいであれば、NOTEで売るくらいがベストかも。

SNSでは、「やってる感」が目を引く傾向があります。

稼ぐためには動く。やっぱり必然なのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です