ビジネスパートナーを選ぶときの基準はSNSですぐわかる

できる起業家はレスポンスのスピードが違う

最近、一緒にラジオ番組を生配信しよう!というお誘いを受けて参加させて頂きました。

集まったのは、全員経営者。僕も合わせて5名。

経営者どうしなので、馬が合うのは当然なのだろうけど、それにも輪を掛けてラジオが好きという点で一致しているのは、相性抜群の決定打だ。

もしかしたら幼なじみだったのでは?なんてところから、僕らのグループ名には「幼なじみ」というワードが入っている(笑)

生配信で話していても気付く点の一つ、会話の展開が早い

まとめまでがスムース。
いい話にもっていくのか、笑いに持って行くのかも、空気で読めてしまう。

僕自身、この話、深まらないなと思ったときに終息に測るわけだけど、そういう空気がサッと染み渡るのが面白いし、スピード感がたまらなく気持ちがいい。

かたや、レスポンスが1日、2日、時に1週間と掛かる人もいる。

クライエントさんの中にもいらっしゃいますが、ビジネスパートナーにもいる。

クライエントさんの場合はひたすら待ちます。

起業やなにかにチャレンジしている人にとって、エンジンが掛かるまで時間の掛かる人もいる。

でも、共同でビジネスをやっている人のレスポンスが遅いのは、ちょっと。

プロジェクト全体のペースが一番遅い人に合わせることになってしまうのだから、その点、わかって欲しいと思うことがある。

レスポンスの早い人はできる人

よく言われることです。当たり前のようですが、本当に当たり前なんだなと実感をする今日この頃。

逆に言えば、ビジネスパートナーを探すとき、そのレスポンスの早さを、最も重要な基準の一つにするべきだと思います。

この人と組みたいと思ったとき、即座に決めず、SNSでダイレクトメッセージを打ってみることをオススメします。

早い人は、仕事ができる人、自分のことを重要な相手だと思っている人、ということがわかります。

かたや、返事に2日、3日掛かる人とは、おそらく共同作業はうまくいかないと思われます。

重要ではない、時間のあるときに返事をしようと思っているか、単純に回転の良くない人だということがわかります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です