株式会社企画室創希

個人、お店、中小企業のプロモーションを提案します。


なぜJust Systemの花子を使うのか?

ジャストシステムの花子で業者印刷するフライヤーを作成する方法をご案内します。

どうしても外せない媒体ツールは、「WEB」と「紙」。

今回はこの自社の「紙」媒体を何で作るか?についてソフトの使い方をレクチャーしていきたいと思っています。

今回は第1回目として花子の特徴をご紹介します。

Webも紙も、デザイン業者があり、基本は外注の世界ですが、スタートアップの起業家にとって外注費は抑えたいところ。
そこで、紙媒体を自作する方法として、just systemの花子の使い方を連載することにしました。

花子はマイナーソフト。本来はadobe illustratorを使いたいところ。

なぜ、花子を選ぶか?というと、まず第一の理由が安価だからです。

amazonでも8,000円程度で購入することができます。

フリーでも画像をレイヤー状に配置してフライヤーデータを作ることができるソフトは存在しますが、事業をする上で、フリーソフトを導入することはリスクを伴います。

大手企業のみならず、中小企業でさえ、勝手にソフトをインストールすることは認められていないことが多いですよね。

フリーソフトはもってのほか、名の知れない会社のソフトは有料であってもインストールはリスクと考えられています。
仕事をする上で顧客情報を扱うことにもなるので、フリーソフトは慎重をきして避けておくに超したことはありません。

もちろん、ソフトに完璧はありませんが、ある程度の大企業のソフトを使っておくことで、なにかあったときのサポートを受けられるようにしておくことは重要なリスクマネジメントだと思います。

では、なぜ、adobe illustratorではないか?

これはコストの問題です。

実際、ボクも受注制作では、illustratorを使っていますが、一般の企業や、フリーランスの方の場合、自社のフライヤーを年に数回を作る程度で、月額のかかるソフトのライセンス契約をするのは経費がもったいない。

決して勧めることはできません。だからといって、外注することでコストも掛かる。

更に、印刷会社、プリントパックが対応しているソフト一覧にも、花子は掲載されています。

ということで、今回、クライエントさんが自社のフライヤーを作るツールとしてレクチャーさせていただくのに花子を選びました。

でも、この花子。くせが強いです。

初期設定で印刷範囲が定められていて、印刷してみると勝手に回りに余白を作る。

新規作成を選ぶと最初から勝手に点線で枠線が入っていますが、あれが印刷範囲です。お手持ちのプリンターに連動してつけられているのかどうか?

 

今時、フライヤー印刷の基本は印刷会社へのデータ入稿なので「印刷範囲」、非常に邪魔です。

花子でトンボを作っても、見た目のトンボであって、そのトンボを見て印刷範囲を認識してくれるのは人の目くらいのもの。ウェブ入稿においては、トンボの意味が全くなかったです。
ちなみに、トンボの入れ方もけっこう奥の方に隠れていて見つけるのに苦労しました。

ちなみに、印刷範囲を初期設定のままPDF保存をした花子をプリントパックのクイックデータチェックに掛けてみると、しっかり印刷範囲外のところが白くなってしまいます。
トンボを引いてもプリントパックのクイックデータチェックは認識してくれませんでした。

果たしてどうしたらよいものか?そういったことをこれから連載させていただきます。

大丈夫です。方法はあります。

残念なことに、花子に関しては、ほとんど情報がありません。くせが強すぎるせいか、業務で使う人はほとんどいないのか?と思うほど。

というわけで、先陣を切って、花子の解説をしていきたいと思った次第です。

使ってみるとそれほど悪くないソフトです。資料レベルのものであればプリインストールされている素材もさくさく使えますし、グラフや白地図なども自動で画像を起こしてくれます。

illustratorはこうもいきません。面倒な仕事はAIにやらせる時代。illustratorのようにプロ仕様でないソフトのサポート機能を活用して作業を短縮してみることもまた、良いのかもしれません。

コメントどうぞ♪ ※メールアドレスは空でもOKです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です