株式会社企画室創希

PLAN ROOM

企画室創希のウェブマガジン

amazonのアソシエイト審査に落とされてもアフィリエイトできる

2019年9月さきほどamazonから来た衝撃のメール

残念ながら当プログラムでの審査基準に合致しなかったため、このほどご連絡いただいたURLの追加を承認いたしかねますことをご了承くださいますようお願い申し上げます。

プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

アソシエイトに登録しようとしたところはねられました。
以前から、アソシエイトには登録していたのですが、一つのサイトで登録していれば複数のサイトで貼り付けても良いものかと思っていたのがそうではないことに今更のように気付き、こりゃ失敬♪と軽い気持ちで他のサイトを登録したらはねられる。
(今までおそらく何万円と成果が取り消されてきたのだった・・・)

しかし、なぜ?

審査基準

基準は以下の通りだそうです。amazonより抜粋。

Webサイトが未完成または作成したばかり

      – 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない

      – 長い間更新がない

      – コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない

身元情報が不十分である場合

      – 氏名が本名でない

      – 電話番号が完全でない

等など・・・
ていうか、一つはうちのコーポレートサイトです。
住所も代表取締役の僕の顔写真も電話番号も載っているし、記事数はコーポレートサイトだけに少ないかもしれないけども、20ページはある。
コーポレートサイトにしては多い方。
厳しい。
厳しすぎる。
こんなにamazonを愛してきたのに、ウェブクリエイターの肩書きが泣いている。
個人サイトはだいぶ昔に提携できているけど、当時は基準がゆるかったんでしょうね。
それでも1000記事以上あるので通っているのか、そちらはハンドルネームで運用しているんですけどね。
自己嫌悪に陥りそうだったので、同じような人がいないかググってみると、いました。
WAmazonアソシエイトの審査に落ちまくって無事通った話 【審査のポイント】
自分のサイトに落ち度があるというよりもやっぱり厳しすぎるということだそうです。
落ちた人!落ち込まないでいきましょう。

なぜ、amazonアフィリエイトが登録サイト以外でも有効かと誤解していたか?

それは、無料ブログを使っている時に審査されていなくてもお手軽にamazon商品広告を貼り付けることができたからです。
amazonアフィリエイトはお手軽なんだと勝手に誤解していた自分が良くなかった。

さておき、登録サイト以外でも、一つ一つ審査を受けなければならないのか?
サブドメインで副サイトを作った場合でも、審査を受けなければならない。
そうであるならば、サブドメインはやめて下位フォルダで副サイトを作った方が良いでしょうね。

ただ、2つめ以後のサイトを作る方法でお手軽な方法がありました。

上記の著者のかたのように何度もチャレンジするのも良いですが、最も簡単な方法はこちです。
A8.netを使ってamazonの商品を販売することが可能です。
amazonで登録済みのサイトでA8.netで再申請を出します。
当然、通ります。既に通っているのだから。
そして、それ1本通れば、A8の場合は副サイトの登録が簡単です。
審査なしで追加可能。
副サイト登録のためだけにamazonと戦い続けたくない方はA8.netでamazonアソシエイトをやりましょう。

やり方は簡単。
A8ネットに登録したらツールからamazonツールを選択、商品リンク作成を選択してお目当ての商品の広告コードを貼り付けるだけです。


A8.netの申し込みページはこちら
どちらにせよ、最初の1サイトは審査を通す必要があります。
最初からA8.netで審査をすることがベターだということがこれでよく分かると思います。
ちなみにアフィリエイト報酬は若干、amazon直接のほうが良いかな程度です。
例えば、雑貨でいえば、amazonは8%に対してA8.netの場合は6.1%になります。

amazon紹介料率表

A8ネット紹介料率表

使い勝手を取るか、若干の紹介料率の良い方を取るか?が判断基準になりますね。
ドメインを変えるとか、新しいサイトを作る度に審査に落とされていたららちがあきません。私はA8.netをオススメします。

UI主流でPCサイトとモバイルサイトを分ける時代再び

時代はレスポンシブを少し疑ってみる

2020年を前にスマートフォンは5Gにきりかわるであろう今日、ウェブ制作者からすれば、ありがたい話で、軽量化にそこまで躍起にならなくても良くなるのではないか?という期待もある。
ましてや5GなのだからPC向けに作ったサイトでも軽々表示してしまうのだからすべてのサイトはレスポンシブでも良さそうなもの。
でも、ちょっと待った。

UIデザインでレスポンシブはPCサイトで妥協が起きる

ページの容量、表示スピードだけを見ればレスポンシブでも良いのだけど、UIデザインが徐々に主流になりつつある。
UIとはユーザーがいかに使いやすくするか?に主眼を置いていて、特にスマートフォンやスマホアプリに特化したデザインになっている。
要するに誰が使っても迷子にならない。リンクもボタンもないところで間違ってタップするようなことがないように直感的にわかりやすいデザインだ。
このUIに主眼を当ててデザインしていき最終的にPCでも見やすいレスポンシブにすることが理想だが、今度は逆にPCの方に無理が行く。

指とマウスで同じで良いわけがない

ディスプレイの幅が違うのもあれば、指でタップとマウスでクリックと操作方法も違う。
小さなディスプレイ向けにデザインされた画像文字の場合、ディスプレイの大きさに比例して大きくなるため、バランスを崩すほどに大きくなりすぎてしまう。
(逆にPCで画像文字を扱うと、スマートホンで見たときには小さすぎて読めなくなるのと同じように)
PCはPCでUIを目指すならば、これまた違ったところがゴールになってくるような気がする。それこそレスポンシブの時にはスマートフォンを意識して使いづらかったマウスオーバーでイベントが起きる機能や、jQueryを使ったダイナミックに動くアニメーションなんかもスマホユーザーに気を遣うことなく演出できるだろう。
以前はガラケーとPCで明らかに違うデバイスだったのでPC用とモバイルサイトを別々に作っていたけど、今はまた、スマートホンのサイトの方がUIを意識することでさらなる発展をしていき、差別化していく過程にある。

サイトを分けましょう!と提案するデザイナーが増えてきた

もちろん、レスポンシブの良いところは挙げればきりがないけど、サイトを2つに分ける事を薦めるデザイナーがそこそこ増えそうな予感がします。
分けましょう!というよりも、スマホはアプリで囲い込みましょうとか、ゲームや占いで滞在時間を延ばしましょうとか、導線や路線や戦略がウェブを閲覧するだけから徐々に変化してきた。

コーポレートサイトはPCユーザーの比率が30%以下にはなりにくい

とりわけ、企業サイトの場合は、PCで閲覧される率はそこまで下がりません。
じっくり集中して採用情報を調べる学生や中途採用を目指す人はPCを使うことが多い
企業情報を調べる投資家にしてもPCを使うことが多いだろう。
そのときに、スマホユーザーを考慮して軽量化ばかりに注意を払ったシンプルなPCサイトよりも、jQueryなどを駆使した動きのあるPCサイトのほうが、いかに優れた企業であるかをアピールすること、ブランディングイメージが高く見えるだろう。
結論からいうと、2020のコーポレートサイトは二刀流がベター。
内容は共通だとしても、作りとしては、PCサイトはBtoBC、スマホサイトはBtoCというように、ターゲットユーザーを使い分けた方がレスポンスが良くなってくると思っています。

WordPressとBlogger比較。Bloggerを選んだたった一つの理由

WordPressとBlogger どちらがSEOに有利か?

皆さん、いろいろとブログサービスを比較してどちらがSEOに有利か?の情報を集めて選択しているようです。
実際、無料ブログで一番成果がでたのは、はてなブログでしたが、それははてなブログだったからなのか?そのときのコンテンツが良かったからなのか?は全く同じ内容のものを同時に走らせることはできないので(ミラーサイトはペナルティー対象になるので)実際にはわかりません。

WordPressとBlogger SEOに有利なのは?

よく比較されるツールとして、WordpressとBloggerがありますが、実際、有利か不利かで言えば、当然、Wordpressが有利なのだと思います。

それはなぜか?

ツールがそろっているから。
WordpressにはSEOに有利になるようなプラグイン、更に、情報が豊富です。
そういう意味で有利かどうかで言えばWordpressの方が有利ではあると思います。
実際、私も運営しているサイトの中で一番アクセス数を稼いでいるのはワードプレスの個人サイトです。
ただ、これ、Wordpressだからアクセスが高いのかどうか?と言われれば疑問が残ります。需要のある記事が普通にヒットしている現状を見ると、知りたいこと、調べたいことを当たり前に検索したときにそういうアンサーコンテンツがネット上にあれば普通にヒットするんだろうなと思っています。

どういう記事がヒットしやすいか?の事例

たとえば、運転が苦手な人にとっては、観光地に行くときのアクセス、観光地に行くときの駐車料金、雨が降りそうな時に、雨でも楽しめるのか?のようなコンテンツはそのものずばりのアンサーを書いておけばどのブログサービスを利用していてもヒットしやすいコンテンツだと思います。

本題:Bloggerを選んだ理由

でも、今、ワードプレスよりもBloggerで記事を書いています。
SEOに関して、結局は記事。コンテンツ次第ということを忘れてはいけません。
一つのブログを運営するのであれば、ワードプレスが一番良いのだと思います。
ツールがそろっている。情報が豊富という意味で。
無料ブログであれば、はてなブログですね。
こちらは拡散される仕組みが他とは一線を画すからです。
アメーバブログに関しても、アフィリエイトや商用が解禁されていますが、どちらかというと閉鎖的、アメンバー同士のつきあいのような中で村を作っていく感じなので、これはこれでまたSEOとは別の意味で活用できるツールだと思います。
どちらにしても、記事が重要であります。

ブログを複数所有する場合に有利なのがBlogger

ブログを複数所有する段階になって一番、実力を発揮できるのはBloggerです。
ワードプレスを複数持っている場合、一つ一つ、ログインして投稿する必要があります。
Bloggerの良いところはブログを複数持っていても管理画面が一つで複数のブログを運営できるという点です。
コンテンツが一番大事。ということは、そのコンテンツを気軽に連続してストレスなく投稿できる環境が一番大切だということです。
ブログはSEOの観点とユーザービリティーの観点からジャンル別に分けるべきですが、書こうと思うことが一つのジャンルに集中する日ばかりではありません。
その都度、管理画面を切り替えて投稿するのはハードルが一つ増えることになるのでモチベーションの低下にもつながります。
そういう意味でBloggerは次々に多ジャンルのことをブログを切り替えながら投稿できる。
スピード重視で複数のブログを運営する人にはもってこいのサービスだと思われます。

Ameba Owndとアメブロ連携のW商用利用

Ameba Owndを使い始めました。
さて、その前にこれは企業やお店が使って良いものなのでしょうか?
アメブロは商用利用禁止で有名だったブログですが果たして今は?
確認していきます。

Ameba Owndは商用利用OK

Ameba Owndは商用利用OKのようです。
ガイドラインもかなりシンプルでわかりやすい!
ネットはこうでなければ!

ショップやレストランの紹介、Webメディアの運営、企業のウェブサイト等、Ameba利用規約の範囲内で商用利用していただくことができます。

とあります。
このAmeba Owndの良いところはアメブロと連携ができるところです。
今までAmeba Blogをやっていた人が今更二つも運用できませんということにならないように合体することができるわけです。

Ameba Owndで記事を書く手動でアメブロに同時投稿

Ameba Owndで記事を書くと、アメブロシェアボタンが表れます。
そこでクリックすると同じ内容がアメブロにも投稿される。

Ameba Owndとアメブロ連携で厄介なところ

少しだけ厄介なのが、同じコンテンツが別のURLで投稿されることになるわけです。
更に、編集する時はそれぞれで編集しなければならない。
たとえば、Ameba Owndで記事を編集して更新する際、再び、アメブロシェアボタンが表れますが、そこでシェアをクリックすると、アメブロには編集後の記事が新しい記事として投稿されてしまう。
編集する時はどちらもそれぞれ編集しなければならないのが大変ですね。

Ameba Owndが商用利用OKでアメブロは?

以前からアメブロは商用利用はNG!と言いつつ、宣伝でなければ良いというなんともグレーな運営を続けてきました。
店長日記なら良いけど、その中で○○発売、○○円!とやったらダメだったわけです。
このグレーな規約の為にたくさんの人が切り落とされてきたのをよく知っています。
一番驚いたのが、アメブロの使い方のような本を書いた著者までセミナー集客記事を書いた時に切られたこと。
これは商用利用とは違いますが、LGBTの妄想記事を書いていた人は出版までさせておいて、不適切な写真、といっても、男性の胸がちょっと膨らんでる感じの写真を掲載したことでバッサリ切られたり、容赦なかった。
アメブロが商用利用ダメであれば、AmebaOwndの商用記事を自分のアメブロでシェアした瞬間、切られてしまうのではないか?と心配になりましたが、そこはご心配なく。
なんと、2018年12月25日に規約が変更されていました。

【ご利用例】

●アメーバブログでの商品やサービス等の販売、宣伝

・商品の画像等を掲載し、販売や宣伝をする

・ECサイト、フリマサイト等のリンクを掲載し、商品を宣伝する

ご利用例の最初の文言が個人の日記ではなく商用利用がきている。是非、商用利用に使ってくださいといわんばかりに180度反転してしまった。
たしかに、同じくサイバーエージェントが運営している動画配信サービス、Fresh!にしても、無料配信はなくして、課金配信のみを残すという、つまり商用利用しか認めませんという体勢になっている。
今までは何だったんだかとは思いますが、今までが異常だったのかもしれません。
個人の当たり障りない日記よりも、一般の読者はお店やサービスの情報であっても有益な情報を求めるものです。
ということで、事業者の方も、お店の店長もオーナーもAmebaOwndを積極的に活用してみてはいかがでしょうか?
独自ドメインも使用することができます。本来、ウェブサイトを独自ドメインで運用する場合は、ドメイン代+サーバー代が必要でしたが、サーバー代が不要になります。
サーバーがなければ、メールアドレスも作ることができませんが、この時代、Gmailがあれば充分ですよね。

エックスサーバーとお名前ドットコムレンタルサーバーの比較

エックスサーバーとお名前ドットコムレンタルサーバーの比較


この記事は2018年11月現在の実証によるものです。その後、改善されるなど状況が変化することがありますので、まずは、お試し期間を使うなどしてご自身でお試ししてみてください。

重いサーバーとさよならする


弊社は10年程度お名前ドットコムレンタルサーバーを利用してきました。

理由は第一にコントロールパネルの使いやすさ、上位プランだとSSLが10個無料で付いてくる、ワードプレスが簡単にインストールできるなどたくさんありましたが、今でこそそのようなオプションはどのレンタルサーバーでも常識です。

サーバーなんかどれも同じと思っている方も多いと思いますが、何が一番違うかというとスピードです。

アクセスしてから表示されるまでのスピード。

レンタルサーバーの値段の決まり方


レンタルサーバーの場合、サーバーを複数のユーザーでシェアするわけだから、1人のユーザーがマルチドメインをつかって100も200もウェブサイトを立ち上げていたらそれこそ重くなります。そういう意味で運もある。
運もあるけど、基本的にシェアするユーザー数が多いほど安いというのがからくりで、100円サーバーなんてのもあるわけですが、当然、ガチガチに重くなり、混み合う時間は10秒経っても表示されずに運が悪ければ潜在顧客に離脱されるというお粗末な結果になるわけです。

今では3秒も待てない人がたくさんいるんですって。
スピードはとても大事です。

ワードプレスはけっこう重い


また、ワードプレスを使う人が増えてきましたが、一般的なHTMLでつくられたサイトと比較するとだいぶ重いですね。
ワードプレスを使うのならば尚更、ハイスペックなレンタルサーバーを契約する方が賢明です。
逆に言えば、HTMLで作って運営していくのであれば、安いサーバーでも問題ないかもしれません。

オススメのサーバーはこちら



結果から申し上げて、お名前ドットコムレンタルサーバーからエックスサーバー
へ移行しました。


理由は簡単。エックスサーバーが早いから。そして、お名前ドットコムレンタルサーバーが重いからです。
なんでこんなに時間が掛かるんだ?と言うほどにウェブサイトが開かないことが多かったのがお名前ドットコムレンタルサーバー。
実際、エックスサーバーとお名前ドットコムレンタルサーバーにワードプレスをインストールして、同じテーマで空っぽの状態でスピードを比較してみました。

お名前ドットコムレンタルサーバーにインストールしたワードプレスのモバイルスピード


こちらがお名前ドットコムレンタルサーバーにインストールしたてのワードプレスのスピード。モバイルの場合はスコア30。

エックスサーバーにインストールしたワードプレスのモバイルスピード


こちらがエックスサーバー
にインストールしたてのワードプレスのスピードです。

スコアは46です。どちらも低いと言えば低いですが、エックスサーバー
のほうがやや優勢。

お名前ドットコムレンタルサーバーにインストールしたワードプレスのPCスピード

こちらがお名前ドットコムレンタルサーバーのPCで閲覧した場合のスコア

スコアは70。

エックスサーバーにインストールしたワードプレスのPCスピード


そして、こちらがエックスサーバーのPCで閲覧でのスコア。

95というハイスコアをマーク。

エックスサーバーの圧勝


結論から言うと、ワードプレスは重いんです。それは仕方ない。今はネットスピード自体が上がっているのでスコアが50程度まで行けばよしとしても良いと思います。
そして、月額も、このお名前ドットコムレンタルサーバーの契約はSD12プランという月額1800円~のコース。
対して今回測定したエックスサーバーのコースは、X10という月額900円~のコースです。なんとエックスサーバーの方が安くて早いのです。
また、更に優れている点は、SSLが全てのドメインに対応。サブドメインに対しても標準対応。お名前ドットコムレンタルサーバーのSD12プランの場合は10個までなのでこの点でもエックスサーバーの方が優れています。
サブドメインでLPを量産することが多いのでこれはかなりの決め手になりました。
感覚としても実測値としても表示速度は明らかに早くなりました。
エックスサーバーはかなりオススメのレンタルサーバーです。

こんなお客にワードプレスは勧めてはいけない

ワードプレスにクレームが付いてくる


ワードプレスの採用は慎重に!


そのホームページをワードプレスにするという流行があるが、業者さんに言いたい。
こんなお客さんにはワードプレスを勧めてはいけない。納品してはいけない。
それではいってみましょう!

1.自分で更新しないクライアント


原稿を送ってくるだけで、自分では更新しない顧客。自分で更新しないならば、なぜ、ワードプレス?ワードプレスで納品した意味がまったくない。

2.そもそも原稿を自分で作らない


原稿ならばまだ知らず原案のみ送ってきて、「更新しておいて」というタイプにもワードプレスは危険だ。
ワードプレスはその場で更新されてしまう。もちろん、下書き状態にもできるが、その下書き状態のページまで誘導するのが面倒すぎる。
あやふやなものをもらって更新はこちらというのは危険すぎる。

3.デザインにこだわりが強すぎる。


ワードプレスはテーマごとに配置が確定している。好きなところに好きなものを配置したがるタイプの人には勧めてはいけない。
好きなところに好きな色を設定したい人も要注意。
オリジナルテーマを使うのも手だが、どちらにしても、こだわりが強すぎる場合、ワードプレス本来の機能を超えたことを言い出すのも時間の問題です。止めた方が良いだろう。

4.ワードプレスを学ぶ気がない


ワードプレスは自分で更新するためのツール。それを使用するのであれば、使い方マニュアルの書籍くらいは自分で用意するくらいの意気込みは欲しい。
「ワードプレスを使いたいのであれば、自分にあった書籍をご購入してみることをお勧めします」程度のアドバイスは初回にお伝えしておくこと。
その後、学ばずに質問だけを連発してくるようであれば、ワードプレスを勧めたことは失敗だったということだ。見極めが大事。

一番多いのは1の「自分で更新しない」


あるある案件でいえば、1番目。ワードプレスはその場で更新されてしまうので、「なんで黒なんだ!」、「なんで赤なんだ!」や、「なんでこんな大きいんだ!」やら、もちろん、原稿が誤情報であっても、こちらサイドでは判断のしようがないものまで「なんで最終確認してくれなかったんだ!」等・・・
自分でやらない人にワードプレスを納品した時はクレームがくることを覚悟した方がいい。

上記のような顧客にはHTMLやPHPで作ろう


自分でやらない人ならば、HTMLやPHPで作り、テストサーバーと、メインサーバーを設定。更新前はテストサーバーにアップして、「こちらの内容でよろしければメインサーバーにアップします。誤字脱字、誤情報がないか、まれにこちらで確認しづらい内容もございますので、今一度、ご確認ください。」と伝えること。
この一文があることで、責任問題に発展することはまずないでしょう。

とにかく自分自身以外の第三者名義で情報を発信する行為は、とてつもなく責任重大で、とても慎重に行わなければいけない行為です。
クレームならまだしも、訴訟にまで発展しかねない。
上記のような顧客の時はワードプレスではなく、一般サイトを採用しましょう。

ツイッターでバズネタを流すとフォロワーが減る

SNSでブランディングしている方への注意


SNSマーケティングで自社や自分個人のブランディングをされている方も多いと思います。

僕も、会社用と個人用で使い分けつつ、運用しています。

個人用は自分が楽しく活用できれば良いのですが、逆にそれが良かったのか今は2,000人以上のフォロワーさんがいます。
もちろん、まだまだ少ない!交友関係広げていきたいです。

フォロワーさんが-フォロー解除!?その動機とは?


フォロワーさんを獲得する方法はちまたで公開されているので、それを実行するのみ。
今日は、フォロワーさんが、フォロー解除する動機をつかんだので紹介します。

僕の個人アカウントである日、ガクッとフォロワーさんがいなくなった日がありました。


ツイッターアナリティクスで調べたら、2,160人から2,150人に減っている。
10人も?
少ないフォロワーさんなので10人はかなり大きな痛手です。

何をやらかしたのだろう?
普段からツイッターは3日に1度くらいしか更新しないのですが(それも良くないですが・・・)

このツイートをした日にフォロー解除されているのです。

ふざけてなめくじ食べた男性死亡、寄生虫で昏睡とまひ 豪(https://t.co/c3BMb8Z7ra) – Yahoo!ニュース https://t.co/El6zIy5RHp @YahooNewsTopics 個人メディアで無謀を売りにするチャンネル。やり過ぎ注意。 pic.twitter.com/ERuqD7RwbI
— こつるぎ@小塚ツルギ (@tsurugi21) 2018年11月7日


ヤフーニュース。ヤフーニュースの中でもバズネタですね。
事業としてメディアを運営をしているので、「たとえメディアであっても、単純に視聴者だけを欲しくて暴走すると恐いよね」という意味でうっかりツイートしてしまったのですが、端から見たらバズネタに巻き込まれた単純な野次馬人間にしか見えないわけですよ。
やってしまいました。

バズネタをツイートするアカウントの特徴


こういうツイートをしているアカウントは非常に多いですが、そういうアカウントに限って釣り専用アカウントであることが多い。
こういうバズネタをパーソナルアカウントや事業用アカウントなどでツイートしてしまうと、バズ専用アカウントと勘違いされて解除されてしまうリスクが高いのです。

パーソナルアカウントや事業用アカウントのフォロワーさんはあなたをそういう目的でフォローしたわけではないからです!

面白い!みんなに教えたい!と思えど、そこはグッとこらえて自分の中で楽しみましょう。
もしくは、ブログのつかみであれば良いのかもしれないですね。

バズネタはブランディングに使ってはいけない。
身をもって実感しました。

先ほども少し触れたフォロワーを増やす方法はネット上や書籍にあふれていますが、一番は専門化させること。
このアカウントはこういうことをつぶやきますというアイデンティティーが必要とどこでも書かれています。
そういう意味で、バズネタは雑音にしかならない。
たしかにネコがムーンウォークしていたら面白いリツイートしたい!と思うかも知れませんが、ブランディング用のアカウントであればそこはグッとこらえて、自分の中で楽しみましょう!

今から10人のフォロワーさんを取り返しに行きます。
ちゃんと、実のある情報をお届けするしかないですね。

ジャンルでウェブサイトを分けるべきか?のSEO対策

ターゲットが異なるサービスの場合、ウェブは分ける分けない?

問題です。以下の場合の適切なウェブの展開方法を答えなさい。

会社Xの中には、a事業部とb事業部があります。
a事業部では、企業向けサービスxと一般家庭向けサービスyを取り扱っています。
b事業部では、一般家庭向けサービスzを取り扱っています。
この場合のウェブの構造として適切なものは?
1.全て同じページにする。
2.事業部別ページにする

3.ターゲット別ページにする

適切とは何を持って適切というのか?

それは、ただ一点、ユーザビリティです。ターゲットが情報を得るときに関連情報を得やすい状況はユーザビリティが高い状況と言えます。

たとえば、1の場合

zの情報が欲しい、一般家庭に主婦にとって、事業者向けのxの情報はあまり欲しい情報ではないと言えます。yも掲載されていますが、xがあることで情報が埋もれてしまうリスクもある。

2も同様

事業部別にするのは、情報提供側の都合でしかありません。

基本は3を選ぶことになります。

よくSEOではどうですか?という質問が上がりますが、以前のようにテクニックでSEO効果を上げる時代はとうに終わっています。
ユーザビリティ=使いやすさを向上させることが、そのままSEO対策に繋がると思って間違いありません。

ドメインは分けた方が良いですか?

更に言えば、ドメインも性格を帯びてくると言われています。
ターゲットごとにドメインを分けることもまた、有効な手段と言えるようです。

プロフィールページに書くべき25項目

フリーランスにとって仕事の獲得の最初のハードル


あなたは誰?をクリアしなければならない。
名の知れた企業であれば、その社名を名乗れば良いこともフリーランスではそうもいきませんよね。
DM一つにしても、TOYOTAからくるのと、見知らぬ個人事業主から来るのとでは、受け取る側の心証はまるで違うわけです。

つまり!フリーランスにとって一番重要なウェブページはプロフィールページなのです。


商品やサービスを販売するページをいきなり見せるような導線よりも、最も重要なページはプロフィールページなので、まずはそちらに導線をはるべきです。
何よりもプロフィールページが一番、集客効果を発揮すると言うことを念を押してお伝えしておきます。

「あなた誰?」状態を放置すると0円でも売れない


ホームページ制作料をどんなに安くしても「あなたは誰ですか?」を解消しない限り、0円でも引き合いはきません。問い合わせは一切こないです。心当たりありませんか?
私はあります(笑)
それでは、本題に入りたいと思います。

プロフィールに書くべき25項目


  1. 写真
  2. キャッチコピー
  3. 名前
  4. フリガナ
  5. 屋号
  6. 役職
  7. プロフィール要約(140文字以内)
  8. 強み・特徴
  9. 職歴
  10. 性別
  11. 出身
  12. 職種
  13. 保有資格
  14. 所属団体
  15. 対応業務
  16. 対応エリア
  17. 実績(上記対応業務の実績)
  18. 連絡先
  19. 住所とアクセスと地図
  20. ウェブサイト
  21. メール
  22. SNSアカウントページ
  23. 営業時間
  24. 定休日
  25. オマケ:よくある質問と回答

自宅兼事務所などの場合は公開するか否か充分注意してください。
バーチャルオフィスでも良いので公開できる住所があった方が安心していただけると思います。

ペライチでも独自ドメインを使えばSEO効果は上がるのか?

一枚ペラのサイトはSEO効果が当然低い。


ペライチは商標ですが、一般的に1ページのみのサイトを言います。
基本的にSEOでは、ページ数(コンテンツ数)が多いほど、有効だと言われていますが、多くのアフィリエイトサイトでペライチが使われている。
一枚だけで縦に長く、ランディングページとも言われる。

SEO的に効果が少ないのにそれで儲かるのだろうか?という疑問が生まれる。


僕自身は、アフィリエイトを積極的に行っていないので、自社サービスを1ページのみで簡潔にまとめたサイトを作って公開したりしますが、SEO効果としては、非常に厳しい。
厳しいが故に、その1ページのために独自ドメインでなんとかSEO効果を高めようとします。

1ページの独自ドメインサイト


実際、運営してみるとわかりますが、それでもSEO効果はかなり厳しい。
独自ドメインを使用したからと言ってアクセス数が簡単に上がるかというとそんなことはない。
多くのアフィリエイト指南のブログや書籍で、それで充分稼ぐことができると書かれていますが、実際はこれで本当に検索エンジンにヒットするのか?というレベル。
できないことないですが、難易度は非常に高いと思います。

それでは、どうやってヒットさせているか?というとキーワード設定。


狙ったキーワードでヒットさせる。そのキーワード選びの技術が高い人が確実に稼いでいる人達です。ですが、それは別にペライチでなくても同じことです。
ということは、普通にブログを運営して、その中でキーワードを上手く選択してコンテンツを作った方が効果が高いのは自明なのです。
何もペライチにこだわる必要性はないわけです。

それでも半分はSNS経由


更に言えば、SNSからのランディングページとして活用しているケースが非常に多く、仮説としては、SEO半分、SNS半分からの誘導と思われます。
また、一軒一軒のアフィリエイト収入は低いが故に、ペライチという労力を減らすことをして大量ページ生産をするということで収入を上げているようですね。
単純に効率化の問題でしょう。つまり、ペライチだから良いということではなさそうです。
本業アフィリエイターの方はそれで良いと思いますが、ちょっとしたお小遣いを得たい、または、自社サービスを宣伝したい場合は、ペライチよりも、ブログの方がSEO的には早いかもしれません。