株式会社企画室創希

企画室の経営日誌

ホームページ作成の費用、相場、技術の話

Gmailのアイコンが受信先で変わっている原因

gmailの送信先での自分のアイコンが違う場合の対処法

gmailでメールを送信して、受信先から「TWICE好きなんですね!」と言われてびっくり。
「なんでですか?」と聞くと、「アイコンがTWICEなので」という返答。

全く身に覚えのない現象。

もしかしたら、言われていないだけで、皆さんのアイコンも受信先で変わっていて変な誤解を受けているケースがあるかもしれません。
なぜ、そうなっているのか?の原因がわかりました。

もう一つのGoogleアカウントがありませんか?

発見した原因はGoogleアカウントがもう一つあることでした。
もう一つといっても、子ども用の子アカウントでもありません、全く別のもう一つのGoogleアカウントです。

全く別のGoogleアカウントなのになぜ、紐付いてしまったのか?

原因はここです。

もう一つのGoogleアカウントの連絡先情報→再設定用のメールアドレス

ここにたとえばメインのGmailで使っているメールアドレス、独自ドメインを含めて、それを設定していると起きる現象です。

gmai

13歳以上の子どもであればGoogleアカウントは独自で持つことができますが、再設定用に親が自分のましてや業務で使っているようなメールを入れてしまうと相手先に子どもが設定したTwice、キティちゃん、ワンピースなどが表示されてしまうので注意してください。

仮にそのアイコンを自分のアカウントの中でしっかり設定していても、もう一つのアカウントで設定してあるアイコンのほうに上書きされています。

自社ロゴや自分の顔写真をばっちり設定してももしかしたら受信先でキティちゃんになっているわけです。

これはおそらくバグ

これは明らかにバグの一種だと思われます。
2020年4月21日時点でも起きています。
相手先で気づく現象なので、報告もほとんどなく、多くの人が誤解を受けながら暮らしているというある意味愉快な現象です。

仮に相手から変なアイコンで届いた時、お子さんがいた場合は、ああ、そういうことかと流してあげるか、この記事のURLを教えてあげてください。

広報、PRをする上では支障になることもあるので十分に注意してください。

再設定用のアドレスはケータイメールや、Gmail以外のYahooメールなどにしておくことをおすすめします。
Gmail内で設定している独自ドメインメールもやめたほうが良いです。

好きなこととやってることを日々ツイートする成功術

共感ツイートです。


激しく共感。

ちなみに僕の立場はそういうツイートを発見したら巻き込んでいく側なんだろうなということです。
たとえば、演劇で言えば、役者。
役者さん1人では幕が上がらない。劇団やプロデューサーがあって初めて劇場を押さえて道筋ができる。
自分がステージを用意する側の人間であれば、積極的にアプローチしていく姿勢もツイッターには必要なのだと思います。

ビジネスにおいても、そうだと思います。
たとえば、広報宣伝でコラボレーションできるのはなにもタレントさんやスポーツ選手だけではない。
無名でもこの人なら自分のサービスを拡散できる人脈を持っている!という方がいれば積極的にアプローチするべきだし、そういう方もピンポイントで実力を発揮できるお仕事を受けられるのであれば良きビジネス展開ができるのでしょうね。

更に言えば、たしかにツイートで気になる人がでてきたらチェックしますが、プロフィールに参考リンクなどがない場合は、なかなかその先に進めづらいのでプロフィールサイトへのリンクが欲しいところです。
是非、皆さんもえとみほさんのおっしゃるとおり、好きなこととやっていることを日々、ツイートしてみてはいかがでしょうか?

共感したと同時にとても勉強になるツイートでした。
えとみほさんは、お目にかかったことはないのですがnoteでフォローしたのがきっかけで常日頃、ツイートを拝見させていただいているフォロワー数が20,000越えの会社経営者です。
同じく事業をされている方はとても参考になるツイートが多いのでフォローしてチェックしてみてはいかがでしょうか?

セミナー講師もトーク技術は必須

昨日、経営者向けセミナーに参加してきました。

そのセミナーのテーマがもちろん、一番、聞きたいところですが、どうしても職業柄、気になってしまう部分があります。

それは、話し方

内容が素晴らしくても、職業柄、勝手に演出をしながら聞いている。

えらい緊張しているな・・・

とか

今、何しゃべろうか、一瞬見失っただろ・・・

とか

反応がなくてたじろいだな

とか・・・

まぁ、性格悪いのこの上ない、インナー実況をされているわけです。

こんな参加者がいたら、逆にきついですけど、決して、表には出さず、おなかの中で言ってるだけです。

セミナー講師向けの本とか、セミナーで、熱意や情熱があれば伝わるとか、実証が明確にできていれば、話し方は二の次みたいなことが言われているケースがありますが、僕は半分は信じがたいところ。

むしろ、話し方やコンテンツの順序を演出した方が、手っ取り早く伝わるのになーと思うわけです。

昨日の先生の場合、内容もどこかの本で読んだことがある内容で、しかも話しっぷりもいまいちガチガチで、案の定、質問が一つも出なかった。

僕のラジオトーク講座は、むしろそういうセミナー講師や中小企業診断士の方にも受けていただきたいなと思うところです。

パーソナリティ志望の方だけでなく、中小企業診断士もウェルカムです。

radicas.net

インターネットラジオステーションradicas.NET

なぜJust Systemの花子を使うのか?

ジャストシステムの花子で業者印刷するフライヤーを作成する方法をご案内します。

どうしても外せない媒体ツールは、「WEB」と「紙」。

今回はこの自社の「紙」媒体を何で作るか?についてソフトの使い方をレクチャーしていきたいと思っています。

今回は第1回目として花子の特徴をご紹介します。

Webも紙も、デザイン業者があり、基本は外注の世界ですが、スタートアップの起業家にとって外注費は抑えたいところ。
そこで、紙媒体を自作する方法として、just systemの花子の使い方を連載することにしました。

花子はマイナーソフト。本来はadobe illustratorを使いたいところ。

なぜ、花子を選ぶか?というと、まず第一の理由が安価だからです。

amazonでも8,000円程度で購入することができます。

フリーでも画像をレイヤー状に配置してフライヤーデータを作ることができるソフトは存在しますが、事業をする上で、フリーソフトを導入することはリスクを伴います。

大手企業のみならず、中小企業でさえ、勝手にソフトをインストールすることは認められていないことが多いですよね。

フリーソフトはもってのほか、名の知れない会社のソフトは有料であってもインストールはリスクと考えられています。
仕事をする上で顧客情報を扱うことにもなるので、フリーソフトは慎重をきして避けておくに超したことはありません。

もちろん、ソフトに完璧はありませんが、ある程度の大企業のソフトを使っておくことで、なにかあったときのサポートを受けられるようにしておくことは重要なリスクマネジメントだと思います。

では、なぜ、adobe illustratorではないか?

これはコストの問題です。

実際、ボクも受注制作では、illustratorを使っていますが、一般の企業や、フリーランスの方の場合、自社のフライヤーを年に数回を作る程度で、月額のかかるソフトのライセンス契約をするのは経費がもったいない。

決して勧めることはできません。だからといって、外注することでコストも掛かる。

更に、印刷会社、プリントパックが対応しているソフト一覧にも、花子は掲載されています。

ということで、今回、クライエントさんが自社のフライヤーを作るツールとしてレクチャーさせていただくのに花子を選びました。

でも、この花子。くせが強いです。

初期設定で印刷範囲が定められていて、印刷してみると勝手に回りに余白を作る。

新規作成を選ぶと最初から勝手に点線で枠線が入っていますが、あれが印刷範囲です。お手持ちのプリンターに連動してつけられているのかどうか?

 

今時、フライヤー印刷の基本は印刷会社へのデータ入稿なので「印刷範囲」、非常に邪魔です。

花子でトンボを作っても、見た目のトンボであって、そのトンボを見て印刷範囲を認識してくれるのは人の目くらいのもの。ウェブ入稿においては、トンボの意味が全くなかったです。
ちなみに、トンボの入れ方もけっこう奥の方に隠れていて見つけるのに苦労しました。

ちなみに、印刷範囲を初期設定のままPDF保存をした花子をプリントパックのクイックデータチェックに掛けてみると、しっかり印刷範囲外のところが白くなってしまいます。
トンボを引いてもプリントパックのクイックデータチェックは認識してくれませんでした。

果たしてどうしたらよいものか?そういったことをこれから連載させていただきます。

大丈夫です。方法はあります。

残念なことに、花子に関しては、ほとんど情報がありません。くせが強すぎるせいか、業務で使う人はほとんどいないのか?と思うほど。

というわけで、先陣を切って、花子の解説をしていきたいと思った次第です。

使ってみるとそれほど悪くないソフトです。資料レベルのものであればプリインストールされている素材もさくさく使えますし、グラフや白地図なども自動で画像を起こしてくれます。

illustratorはこうもいきません。面倒な仕事はAIにやらせる時代。illustratorのようにプロ仕様でないソフトのサポート機能を活用して作業を短縮してみることもまた、良いのかもしれません。

フリーランス女性の名刺に所在地がない逆リスク

女性フリーランサーの名刺に住所がないこと多くないですか?

現在、補助金申請をした事業計画を実行中です。

実行する中で、たくさんの書類を実行した証拠書類として準備する必要があるのですが、受注者が女性のフリーランスの方の場合に多い注意事項があります。

フリーランスの女性と名刺交換をすると住所の記載がないことが多々あります。

自宅兼事務所であれば、リスクマネジメントの観点から当然だと思います。
自宅の住所を初対面の人にばらまく女性はいないと思います。

当然です!いれるべきではない。

ただ、名刺ならばともかく、それが事業者であれば、仕事を受注した場合の領収書や、完了報告書には住所を書かなければなりません。所在地が入っていない場合、正式な書類として効力が発揮されない場合があるからです。(領収書であれば、領収書として認められなくなる)

だから書かざるを得ない。でも、そのお仕事先、信用できますか?
一度、数千円の仕事をもらっただけのところに自宅住所を書けますか?

仕事を発注する側にとってはそれでもいただかざるを得ないんです。

ましてや補助金事業の場合、住所未記載の書類は「書類の信用レベルが低い」という理由で認められないのだそうです。その方に発注した仕事の経費は補助の対象にならないので全額自腹。

もちろん、人として信用してもらっていれば、普通に住所を記載してもらえると思いますが、それでは、親しい女性にしか仕事を発注できません。

名刺の住所が未記載の時点で、発注側から「もしや、領収書にも住所を書いてもらえないのでは?」という不安に駆られて仕事が発注できないという結果に知らず知らずに陥っている主に女性フリーランサーが多いのではないでしょうか?(仕事を逃しているかも?)

こちらも、「名刺に住所ないですが、領収書には書いていただけますか?」とか聞けません。
逆に、怪しい!と思いません?

女性フリーランサーは、別に自宅住所を公表する必要はない

ただ、発注側は、領収書に所在地がほしいだけなので、住民票の住所がほしいわけではありません。

作業場であればいい、または、郵便物が届けばいい、そのような住所があれば良いわけです。

バーチャルオフィスというサービスがありますが、女性フリーランサーほど、こういうサービスは積極的に活用することができると思います。

自宅で住所を伏せながら取引をするのは、限界がきます。

下請けか、個人同士の簡単な取引しかできなくなってしまいます。

是非、検討してみてください!こちらは、気軽に発注がしたいのです。補助金事業の場合は特に、フリーランスの方を選定する時は名刺を見ながら、所在地が記載されているか?確認してから発注するようにしています。

広告代理店をやっていると、モデルや役者さんを起用することが多い。

最近はモデルさんでも無所属という方が多いので、とりあえず、共同でもバーチャルオフィスを用意することをおすすめします!

フリーの方を敬遠してしまう事業者側の心情でした。

フリーの方は固定費が少ない分、コスパが優れていて当然なので、あと一工夫で所属の方たち以上のパフォーマンスが発揮できると思います!

企画室創希はフリーランスの方を応援しています!

新規開拓にFAX DMは…

とあるマーケティング会社(とっても有名な会社)の戦略に、「まず、既存客にDMや社外報を発行しよう」とあります。

既存客を大切にすることはもっとも大切なことです。

いわば、生命線。

そのマーケティング会社が言う、まず、最初にやるべき戦略は、EメールによるDM、FAXによるFAX DM。

この2つだと言います。

いまどきFAX?と思って、Googleで

FAX DM

とスペースを空けて検索しようとすると、次の予測変換で出てきたワードとは・・・

クレーム、迷惑

でした。

ちなみに、

メール DM

と検索ワードを並べると、「書き方」「文例」と予測変換がでてきます。

こちらは、それほど迷惑にはなっていないのかもしれません。
予測変換から読めるそのワードの印象。

FAX DMはやめた方が良さそうですね。

予測変換で多くの人がそれに対してどういうイメージをもっているか?

FAX DMは相手の会社の資源を無駄にしますし、回線接続中は電話がつながらないなど、迷惑を掛けることもあるかもしれません。