株式会社企画室創希

企画室の経営日誌

ホームページ作成の費用、相場、技術の話

既存の動画ファイルをツイキャスで流す方法

ツイキャスで準備した動画を配信する方法

ツイキャスは基本、ウェブカメラなどを使って生配信をするプラットフォームですが、前もって準備した動画を配信することもできます。

たとえば、既存の動画ファイルを再生できれば、生配信中にVTR紹介をすることもできます。

「こちらが今回取材させていただいた様子です!ではVTRスタート♪」
なんてやってみたくないですか?

その他、動画を有料で配信したい時、Youtubeは使えない。AmazonPrimeは敷居が高い。
となるとツイキャスでは?という選択肢になる。
ツイキャスならプレミアム配信が比較的簡単に配信できる。
でも、ツイキャスは生配信が基本だし・・・と悩むところ。

でも、実は、動画ファイルも配信できます。

使用するアプリケーションはOBS Studio

OBS Studioを使用することで簡単に予め用意した動画ファイルを任意の時刻に生配信することができました。

準備するものは、2つのコード

  • ストリームキー
  • RTMP URL

この2つはツイキャス配信のマイページを見ればすぐに見つけることができると思います。
それをOBS STUDIOのこちらにコピペします。

動画ファイルも任意の場所にドラッグ・アンド・ドロップするだけ

「ソース」の部分に動画ファイルをドラッグ・アンド・ドロップ

配信開始をクリック

動画ファイルをダブルクリックで再生!で配信が開始されました!

とても簡単です。

でも、ちょっと待って!多分、そのままでは途中で落ちる

実は規定設定のまま配信を始めると途中で落ちます。落ちてつながって落ちてつながって。
結果、1回の配信なのに、複数の生配信を行ったかのような履歴が並びました。

そのままでは重いのです。

配信設定を軽くするその1

設定映像から解像度を下げます。

OBS Studio解像度

出力解像度を640×360まで下げました。
更に、FPS共通知も10まで下げました。

配信設定を軽くするその2

「出力」から「配信」の中の2つのビットレートを下げます。

映像ビットレートを604kbpsまで下げました。
音声ビットレートを96まで下げました。

これでいざ配信!結果は成功!
一度も落ちることなく数分の動画ファイルを最後まで再生することができました。

Youtube動画とツイキャス配信動画の画質を比較

では、これでどの程度まで、画質が落ちたのかを実際、ご確認ください。
こちらが今回、ツイキャスで配信した動画と同じもので、既にYoutubeにアップしてある画質を落とす前の動画です。

今回、ツイキャスで配信した動画はこちら

確かに画質は落ちていますが、設定数値をかなり下げたわりにそこまで荒いわけではありません。
いかがでしょうか?

既存の動画ファイルを生配信にどう織り交ぜるか?

ぜひ、予め用意した動画ファイルを織り交ぜて幅広い生配信やってみてはいかがでしょうか?
ちょっとトイレに行っている間にCMみたいなものを流すとか?そんな使い方もありかもしれません。

ちなみに、今回は、うまくいきましたが、動画ファイルや回線の環境、サーバーの状態によっては落ちることもあるかと思います。
この数値であれば必ず落ちないという保証するものではないので、予めご了承ください。

« |