株式会社企画室創希

企画室の経営日誌

ホームページ作成の費用、相場、技術の話

amazonのアソシエイト審査に落とされてもアフィリエイトできる

2019年9月さきほどamazonから来た衝撃のメール

残念ながら当プログラムでの審査基準に合致しなかったため、このほどご連絡いただいたURLの追加を承認いたしかねますことをご了承くださいますようお願い申し上げます。

プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

アソシエイトに登録しようとしたところはねられました。
以前から、アソシエイトには登録していたのですが、一つのサイトで登録していれば複数のサイトで貼り付けても良いものかと思っていたのがそうではないことに今更のように気付き、こりゃ失敬♪と軽い気持ちで他のサイトを登録したらはねられる。
(今までおそらく何万円と成果が取り消されてきたのだった・・・)

しかし、なぜ?

審査基準

基準は以下の通りだそうです。amazonより抜粋。

Webサイトが未完成または作成したばかり

      – 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない

      – 長い間更新がない

      – コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない

 

身元情報が不十分である場合

      – 氏名が本名でない

      – 電話番号が完全でない

等など・・・
ていうか、一つはうちのコーポレートサイトです。
住所も代表取締役の僕の顔写真も電話番号も載っているし、記事数はコーポレートサイトだけに少ないかもしれないけども、20ページはある。
コーポレートサイトにしては多い方。
厳しい。
厳しすぎる。
こんなにamazonを愛してきたのに、ウェブクリエイターの肩書きが泣いている。
個人サイトはだいぶ昔に提携できているけど、当時は基準がゆるかったんでしょうね。
それでも1000記事以上あるので通っているのか、そちらはハンドルネームで運用しているんですけどね。
自己嫌悪に陥りそうだったので、同じような人がいないかググってみると、いました。
WAmazonアソシエイトの審査に落ちまくって無事通った話 【審査のポイント】
自分のサイトに落ち度があるというよりもやっぱり厳しすぎるということだそうです。
落ちた人!落ち込まないでいきましょう。

なぜ、amazonアフィリエイトが登録サイト以外でも有効かと誤解していたか?

それは、無料ブログを使っている時に審査されていなくてもお手軽にamazon商品広告を貼り付けることができたからです。
amazonアフィリエイトはお手軽なんだと勝手に誤解していた自分が良くなかった。

さておき、登録サイト以外でも、一つ一つ審査を受けなければならないのか?
サブドメインで副サイトを作った場合でも、審査を受けなければならない。
そうであるならば、サブドメインはやめて下位フォルダで副サイトを作った方が良いでしょうね。

ただ、2つめ以後のサイトを作る方法でお手軽な方法がありました。

上記の著者のかたのように何度もチャレンジするのも良いですが、最も簡単な方法はこちです。
A8.netを使ってamazonの商品を販売することが可能です。
amazonで登録済みのサイトでA8.netで再申請を出します。
当然、通ります。既に通っているのだから。
そして、それ1本通れば、A8の場合は副サイトの登録が簡単です。
審査なしで追加可能。
副サイト登録のためだけにamazonと戦い続けたくない方はA8.netでamazonアソシエイトをやりましょう。

やり方は簡単。
A8ネットに登録したらツールからamazonツールを選択、商品リンク作成を選択してお目当ての商品の広告コードを貼り付けるだけです。


A8.netの申し込みページはこちら
どちらにせよ、最初の1サイトは審査を通す必要があります。
最初からA8.netで審査をすることがベターだということがこれでよく分かると思います。
ちなみにアフィリエイト報酬は若干、amazon直接のほうが良いかな程度です。
例えば、雑貨でいえば、amazonは8%に対してA8.netの場合は6.1%になります。

amazon紹介料率表

A8ネット紹介料率表

使い勝手を取るか、若干の紹介料率の良い方を取るか?が判断基準になりますね。
ドメインを変えるとか、新しいサイトを作る度に審査に落とされていたららちがあきません。私はA8.netをオススメします。

Posted in SEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

« |