いいねを集めるノウハウは不要

僕のところに来るクライエントさんには、起業を志す方が多い。
とりわけ、大金をはたいてセミナーや商材に手を出したけど、思うような効果が得られていないという話も聞きます。
大金をはたいてダウンロードして買ったという商材を見させてもらうこともあるけど、ひどいことも多い。


中に興味深いものがありました。
facebookのいいねをかせぐノウハウというものです。
実際、その方がなにかタイムラインに書くと、いいねが3桁、多い時は4桁いくのですが、実際、その方たちはその結果を事業に結びつけることができていません。
複数いらっしゃいますが、みなさん、いいねの数と、実務の効果が比例していないのです。
なぜなら、
「みんなでいいねをし合いましょう!」
というのが実際の中身であって、ターゲットにも顧客候補にもなっていない方のいいねがつくだけだからです。
いいねの数をはたから見れば、「すごいですね」「人気があるんですね!」となるわけですが、その第一印象を得られるということだけがメリットのようです。

僕はと言うと、facebookをほとんど活用していません。
プライベートでたまに書いてもいいねは一桁か、多くても30くらいいけば、良い方です。
普通にfacebookを使っていると一般の人がどういう気持ちで使っているのかが分かってきます。
なにごとも裏技ばかりを追求していては一般的視点、客観的にものごとが捉えづらくなってきてしまいます。

一般の人はfacebookをどのように使っているのか?

その答えは、知り合いの近況を知るために見る。ただそれだけ。
つまり、新規顧客はめったに現れないと思って間違いないでしょう。
1,000のいいねよりも、1人の顧客候補。
1人の顧客候補はfacebookではなかなか現れないと思います。
基本は、ウェブサイト。

サービス内容、料金、メリット、デメリットなどをしっかり掲げて、見ていただく、吟味していただく。
これ以外の裏ワザは限られた人にしかできないレベルのものだと思います。
しっかり実務を磨いていきましょう。

多分、そういう裏ワザは存在するし、それを記す商材もあるとは思います。
でも、それを掘り当てるより、実務を磨いたほうが近道だと思いますし、なによりも、実務のスキルを上げることは何事においても重要な事だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です